2015年9月23日水曜日

鋭い視聴者になってください

 先日テレビで「痛みの原因は筋膜だった」みたいな番組をやっていたそうです。

 患者さんから聞いた話なのですが、実はその際にその方が、「でも、それだけとは限らないですよね」とおっしゃっていました。

 そうです。

 その通りだと、僕も思いました。


 筋膜とは筋肉を包んでいる膜なのですが、確かに、筋膜をやわらげることで取れる痛みもあるでしょう。

 しかし、筋膜と筋肉は完全に分離した組織ではありませんし、筋肉は骨に付着しています。

 そして、骨と骨は関節包や靭帯といった組織で結合されて、関節を形成しています。

 つまりは、筋膜も、筋肉も、骨も関節も、もっというなら体のすべての組織というものは、お互いに影響を与え合っているのです。

 ですから、筋肉をやわらげると筋膜がやわらぐ、関節をやわらげると筋膜もやわらぐ、といった反応も起こるわけで、原因を筋膜1つに絞るのは単純化しすぎのように思えるのです。


 本当にその方は、「鋭い視聴者」だと思いました。

 そして、ぜひ皆さんにも、そんな「鋭い視聴者」になっていただきたいと思うのです。

 嘘だとか不要だとか言うつもりはありませんが、テレビというのはどうしても、視聴率を取るために誇大な話をしがちです。

 しかし、それを一歩引いた視線で捉え、「そういう考えもある」程度に見ていただけると、あふれる情報に惑わされずにすむと思うのです。

 医学というのは実は、わからないこと、不確実なことが多いものです。

 そんな現実を冷静に捉え、いろいろな見方をし、その中から自分に適した選択ができる方こそ、健康を維持しやすいと僕は思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿