2015年2月9日月曜日

過去最高の耳かき

 僕は耳そうじが好きです。

 その気持ち良さがくせになってしまい、耳への負担を考えなければ、毎日でも耳そうじをしたい衝動に駆られています。(実際は週に1回に留めています。やりすぎると出血してしまうこともありますので)

 今でこそ珍しくありませんが、15年ぐらい前に2000円ぐらい出して、らせん型の耳かきを買ったこともありました。


 さて、過去にいろいろな耳かきを試しましたが、今年になり、「過去最高」と思える耳かきを購入しました。


 グリーンベルというメーカーの商品で、「最高級」の「煤(すす)竹」という素材を使ったもののようです。

「極細」―ここが、ポイントだと思います。


 このように、皿の部分が、薄く、大きめです。

 これが本当に素晴らしいのです。

 まさに、「かゆいとこまで手が届く」で、他の耳かきでは届かない、取れない部分が、取れる感覚があります。


 らせん型のを試したこともありましたが、やはり耳かきはこの形が一番いいと思います。

 そして、そのオーソドックスな形の中で、広さと薄さを兼ね備えたこの商品は、今のところ最高だと僕は思っています。

 ちなみに、アマゾンで購入する際に、「以前は日本製で良かったが、今は海外製造でチェックだけを日本でしている。ずいぶんと質が下がった」というレビューをよく見かけましたが、(以前の日本製のものを使ったことはないけど)僕の感覚としては、特に問題はありませんでした。普通の耳かきより、よっぽどいいと思います。

 あと、薄いので子供の耳そうじもしやすかったです。

 まあ、どうでもいい話題かもしれませんが…(笑)。