2024年2月11日日曜日

理由もなくスマホをいじるのをやめてみた

  思うところがあって、理由もなくスマホをいじるのをやめてみました。加えて、僕は電子書籍の読み放題サービスを利用していて、スマホをいじっていないときはその電子書籍端末で読書をしていることも多かったのですが、そちらもやめてみました。読み放題プランは解約しました。


 それを開始して1か月以上が経つのですが、以下のような変化があったと思います。

  1. 視力が良くなった気がする
  2. 目や頭が軽い
  3. 時間の流れが遅くなった感覚があり、「暇」や「余力」が増えた
  4. 何も考えていないリラックスした時間が増えた
  5. やるべきこととそうでないことが明確になった


 1や2は当然なのかもしれません。スマホなどを凝視する時間が減りますので、それに伴って目や頭の筋肉にたまる疲労が減ったのでしょう。

 3ですが、隙間時間や自由な時間に理由もなくスマホなどをいじっていると、無意識的に心が興奮するのだと思います。本来、心が「オフ」である時間に、「オン」になっていたということです。しかしそれをやめてしまうと、暇で余裕のある「オフ」が明確に訪れる感覚があります。1日の時間の流れもゆっくりに感じます。スマホがない時代、寝る前にパソコンを使うのをやめていたことがありました。眠れなくなるからです。一方、朝は起きてパソコンを開き、メールやニュースを見ていました。目覚ましのコーヒー代わりです。あとは必要な時にパソコンを開く。それで十分だったのかもしれません。

 そして、暇な時間は考え事をしてしまうのが人間というものでしょうが、それもやがて終わるので、結果的には、何も考えていないような、いわゆる「ぼーっとしてる」リラックスした時間が増えたと思います。このリラックスタイムは、心身に良いのではないでしょうか。これが4です。

 最後に5ですが、「いろんな情報を得た方がよい」「いろんなことをしていた方がよい」と僕は思っていましたが、スマホなどによってけっこう不要な情報を得て、不要なことをしていたのではないか、と考え直すようになりました。スマホなどで得られる無数のコンテンツは、誰かに受信してほしくて、誰かが発信しています。でも、自分にとって必要なコンテンツというのは、それよりもずっと少ないのではないか、と今は考えるようになったのです。ちなみにここでいう「必要」とは、「楽しい」「面白い」という意味も含みます。だから、あまり楽しいと思っていなくても、惰性で次々とコンテンツを受信していた、ということになります。そういえば、電子書籍の読み放題サービスを利用していると、「読む本を探すのに忙しい」という謎の現象も起きていました。ただ読みたい本だけを読めばよいのに(笑)。


 僕は今こうしているというだけですが、心身の健康管理の参考になさってください。

2024年1月7日日曜日

2024年、あけましておめでとうございます

  地震に航空機事故と、悲惨な出来事で幕開けした2024年となりました。被害を受けられた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。また、お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りいたします。

 僕個人は、自宅で倒れて壊れた物があった程度で、たいした被害はありませんでした。職場は一切被害がなく、お正月休み明けから通常通りに営業しています。また、新潟は津波が来なくて本当によかったです。

 被害を受けられた方もそうでない方も、それぞれが自分にできることをやるしかないのだと思います。皆、それぞれの役割があります。僕もまた今年一年、自分の役割をしっかり果たしたいと思っています。

 本年も、当ブログと「新潟市中央区オステオパシー」をよろしくお願いいたします。

2023年12月24日日曜日

2023年最後、今年もありがとうございました

今年最後のご挨拶

 今回で、ブログの更新は今年最後とさせていただきます。読んでいただいた皆様、そしてご来室され施術を受けたいただいた皆様、今年もありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

 今年もまた、学ぶこと・得ることのある一年だったと思います。それを生かして、来年も皆様のお役に立てるよう努めてまいります。


当ブログの今後について

 最近というか近年というか、当ブログの閲覧数が減っています。コンテンツとしての価値が薄れてきているのかなあと思います。他のSNSや動画サイトなど、インターネット上に様々な楽しみが増えていることが原因でしょうか?「そもそもつまらない」ことも原因かもしれません(笑)。

 しかし、このブログに関して「来年は特別な何かをしよう」という計画はありません。あくまで広報・宣伝の一環であり、「こういうところがあるよ」「こういう人がやってるよ」という情報をご提供できれば、それで十分だと思っているからです。そして、肝心なのは日々の施術であり、まずはそちらを大切にしたいと考えています。

 とはいえ、何か面白い企画を始めたりとか、YouTubeを始めたりとか、意外な展開があるかもしれません。ないかもしれませんけど(笑)。何の期待もせずに、今後に注目していただければ幸いです。(冗談交じりの「当ブログの今後について」でした)


年末年始の予定

 なお、年末は12/31(日)の午後1時まで営業、年始は1/1(月)~1/3(水)がお休みで1/4(木)から営業、とさせていただきます。 

2023年11月25日土曜日

「20年間で病欠が1回」の秘訣

  僕はもう20年以上この仕事をしているのですが、病気でお休みしたことが1回しかありません。確か2007年に、良性発作性めまいを初めて起こしたときが、その1回となります。そしてそこからカウントすれば、15年間は病欠0となります。そのために気をつけてきたことをご紹介しますので、皆様の健康管理の参考になさって下さい。


食事・運動・睡眠が基本

 十分な栄養と運動と睡眠、これが基本だと思っています。何をどの程度食べたらよいか、どんな運動をどの程度すればよいか、どういう環境で何時間寝るのが理想か、など諸説ある面も多いのですが、まずはそれぞれをしっかり実行することが大切ではないでしょうか。

 そのうえで、自分なりに良さそうな方法を実践しています。また、それを変えることもあります。これさえ食べれば、この運動だけすれば、こうすれば短時間睡眠で済む、というのはないかなーっと思っています。人体とは結局、そういうものなのではないでしょうか。


薬に頼りすぎない

 たとえば風邪をひいた時など、特に薬は飲みません。食べて、いつもより早く寝ます。それは体力が低下して免疫力が落ち、風邪ウイルスが体内で繁殖している状況ですので、免疫力を回復させてそのウイルスに勝つことを目指しています。実は風邪ウイルスを退治する薬はなく、体が風邪ウイルスに勝つまでのあいだ熱や咳を抑えているのが、薬の作用です。ですから、薬を飲んで症状がやわらいでも、完全な勝利ではないので、そこで油断すると風邪ウイルスが盛り返す危険もあると思うのです。だから、とにかく、栄養を摂って、寝られるだけ寝ます。

 とはいえ、薬を全否定しているわけではありません。風邪以外のケースや、高熱が出た場合など、薬を飲んでとりあえず症状を緩和した方がよい場合もあるでしょうから、たまには薬に頼ることもあります。

 しかし、不摂生をして体調を崩し、薬で症状を抑えながら生活するのは、順序が逆かと思います。まず食事・運動・睡眠によって体調を整える。それができない、それでも体調が悪いという時が、薬の出番ではないでしょうか。


「心」の不調も「体」の好調で乗り切る

 過度な心理的ストレスに対しては、とにかく体調を良くしておいて乗り切ろうと思っています。心と体はつながっていますので、心理的ストレスが体に悪影響を及ぼすこともあると思います。しかし、「心」が不調でも、「体」が好調であるならば、そう大事には至らずそれを乗り切ることはできるのではないでしょうか。ストレスがたまったら…、体に良いおいしいものを食べて、寝る、ということです。

 なお、僕にはあまり「ストレス解消法」となる趣味がないのでそうしていますが、そういうものがある人はそれに没頭するのもよいと思います。そういう人は、うらやましいです。あとは、ストレスの原因となっている問題等を解決することに努力を払うことも、重要だと思います。


時間の使い方が重要

 1日は24時間というのが決まっていますので、仕事などやらなければいけないことを最優先、食事・運動・睡眠といった健康管理に必要なことを第二優先、としています。寝る時間を削って目的もなくスマホを何時間も見ている、ということはしないようにしています。

 時間の使い方が重要ではないでしょうか。そうすれば、仮に12時間働いたとしても、食事と風呂などに2時間30分、運動30分、と時間を割いても9時間は余ります。そしてそこから娯楽に1時間割いても、8時間は寝られます。もちろん、働く時間がそれ以下の場合や休日の場合などは、食事や風呂、娯楽などにももっとたくさん時間を使えますし、8時間以上眠ってもよいでしょう。


 若い頃に個人事業主という道を選び、自分が休んだら代わりの人はいない、という状況でずっとやってきましたので、このようになったのでしょう。暴飲暴食したい、運動したくない、遅くまで起きていたい、という感情はもちろんあるのでしょうが、体調が悪いよりはマシだから、それらを諦めているだけです。「元気があれば、何でもできる!」「健康一番!(ちなみに僕の名前は健一です)」ということでしょうか。

 なお、これはあくまで僕のやり方であり、それが唯一絶対の正解であるとは思いません。また、僕もこれから年を取って、病欠したり、大病したりする可能性もあります。あくまで参考までに―。

2023年10月15日日曜日

『富寿し 膳』でおいしいお寿司と高級な雰囲気を満悦しました

  先日、『富寿し 膳』さんにうかがいました。富寿しグループは1号店が1954年に開店している老舗で、このあたりでは有名なお寿司屋さんチェーンです。その中で、ホテルオークラに入るこの『富寿し 膳』さんは、高級路線なのでしょうか(よくわからないけど)。ホテルオークラの3階に『和食や彦』というお店が入っていて、その一角がこの『富寿し 膳』さんでした。


 とりあえずは、おいしそうな写真をご覧ください。お寿司を握った順に出してもらっていて、写真一枚ではすべてのネタが並ばなかったので、何枚かに分けています。好物のアジを最後まで残していました(笑)

写真1

写真2

写真3

写真4

写真5

 味は…、とてもおいしかったです!また、カウンター席で食べることができて、目の前でお寿司を握ってもらったのですが、その仕事ぶりを見ているのは何だか楽しかったです。すごいなあ、あんなことするのか、と。

 ランチでお邪魔して、僕の選んだコースは税込みで2,400円。お寿司の味と、高級な雰囲気に、大満足でした。