2020年11月3日火曜日

ウイスキー飲み比べ3『クルーニー』

  先日また新しいウイスキーを1瓶買いましたので、ご紹介します。



 スコットランド産で複数のモルトをブレンドした、ブレンデッドスコッチ『クルーニー』です。


 ラベルを見ると、「クルーニー」という名は、1857年にマクファーソン氏族の長であったクルーニーという人の名に由来するそうです。

 ちなみに、スコットランドの氏族制度とは以下のようなものらしいです。
スコットランドの氏族(スコットランドのしぞく、Scottish clans)は、中世から近世のスコットランドにおける社会制度であり、現在も続く社会的・文化的伝統である。各氏族の長は氏族長と呼ばれる。ゲール人・ノース人など多様な民族的混淆の中から作られ、アルバ王国など代々のスコットランド王朝の宗主権のもと高度な自治を維持していた。氏族制度は18世紀に解体するが、ロマン主義を契機に19世紀、それまでとは異なるかたちで再生した。各氏族の紐帯は現在まで受け継がれ、クランに属するクランタータンはスコットランド文化の象徴となっている。(Wikipediaより)


 さて味の方ですが…、おいしいです!

 しかも、これまでにご紹介した『バランタイン ファイネスト』『アーリータイムズ イエローラベル』よりも一段おいしいと思いました!

 ラベルに「蜂蜜のようなほのかな甘い香りと、スムーズな口当たり」と書かれていますが、まさにその通り(ラベルに影響されてるだけという可能性もありますが…)。

 ウイスキーは基本的に苦みのある飲み物だと思うのですが、その中にコクというかまろやかさのようなものがある印象です。例えるならば、「スイカにかける塩」「カレーの辛さだけでない複雑なうま味」でしょうか。しっかりとした苦みとともに、甘み・コク・まろやかさのような複雑さがある印象でした。

 初めて飲みましたが、これはおいしかったです。良い発見でした。


現時点でのおいしいウイスキーランキング(条件:ほとんどのスーパーで売っていて入手しやすい、700mlあたり1,000円前後の価格、モルトとグレーンだけで作られている)

  1. クルーニー
  2. バランタイン ファイネスト、アーリータイムズ イエローラベル

2020年10月15日木曜日

今年も進歩がありました

  新型コロナウイルスの影響で、昨年に比べ今年は、明らかにお客さんの数が減っています。年末までもうあと3ヶ月を切っているので、減収はほぼ確実だと思います。

 しかし、施術自体には今年も進歩があったと、僕は思っています。

 5月ごろと、9月だったと思うのですが、アイデアが浮かび、施術方法が変わりました。

 新たなテクニックを身につけた、ということではありません。

 テクニックを用いる際のチェックポイントを1つずつ見つけた、ということです。施術の精度が上がった、と表現できるかもしれません。

 ですから、外から見ていた場合にその変化はよくわからないでしょう。しかしそれらは、テクニックの効果を高めるための大切なチェックポイントなのです。

 もうこの仕事を始めて15年以上経っています。『新潟市中央区オステオパシー』を始めてからも、来年7月で丸10年になります。

 しかし、進歩はするものですね。


 学びたての頃は、どんどん新しいことを覚えて、どんどん自分が進歩しているように思えました。

 やがてそのペースでは進歩しなくなるのですが、実際に仕事をしながら、ちょっとずつちょっとずつ進歩を積み重ねていくことが、大事なのだと思います。

 結果として、10年前の自分と今の自分は大きく違うな、と思えます。単なる自己満足の部分もあるのかもしれませんが、少なくとも、「以前に比べて今はこうしている、こういうことに気をつけている。だから施術は上手になっていると思う」と言語化できる部分は確実に増えています。

 もちろん現段階でも、僕の施術に満足していただけない方はたくさんいるでしょう。

 そして、オステオパシーの限界も当然あります。

 しかし今後も、そんな進歩を積み重ねていきたいと思います。そしてその結果として、皆様のお役に立てる領域が少しでも増えれば、嬉しいです。

2020年9月18日金曜日

新型コロナはピークを過ぎた?

 5月以来となりますが、新型コロナウイルス感染拡大についての分析を久々にしてみます。


 まずは、時系列で国内の発生状況を追ってみましょう。(人数は累計。致死率は、感染者のうちの死者の割合)

  • 3月1日発表、感染者254人・死者5人・致死率約1.97%
  • 3月30日発表、感染者1886人・死者54人・致死率約2.86%
  • 5月1日発表、感染者14281人・死者432人・致死率約3.02%
  • 9月17日発表、感染者77009人・死者1473人・致死率約1.91%

 1日当たりのPCR検査陽性者数は、8月7日に1595人を記録して以来減少傾向にあり、9月14日には265人にまで減りました(9月16日は543人)。そして当然、入院治療等を要する人の数も、その頃をピークに減少し続けています。

 死者数は9月16日時点で1473人。2018年の統計によると日本では1年間に、悪性新生物で約37万人、心疾患で約21万人、老衰で約11万人、脳血管疾患で約10万8000人、肺炎で約9万5000人の方が亡くなっているそうなので、死因としては非常に少数であるのは相変わらずです。

 また、5月1日発表時点より致死率が下がっています。重症でなくても検査を受ける人が増えたことと、医療提供体制が安定してきたことがその理由でしょうか。

 世界にも目を向けてみましょう。

 9月17日発表時点で、感染者は約2970万人、死者は約94万人となっています。

 世界の人口は2019年で約77億人らしいので(国際連合広報センターより)、世界中の人の約0.39%が感染し、約0.012%が亡くなったということになります。そして致死率は、約3.16%となります。

 数字、特に割合を考えてみると、さほど怖い病気ではないという考えは今も変わりません。世界で見ても、1000人に約4人が感染し、1万人に約1人が亡くなるという病気です。

 なお、以上は厚生労働省のウェブサイトで確認した数字を用いています。


 感染が拡大し始めた3月や4月から、各国で人の移動を制限する措置が取られました。

 それによって新規感染者数は減少しました。しかし経済も動かさなければならないのでそれをあまり続けるわけにもいかず、日本では5月下旬に「緊急事態宣言」が解除されました。

 そして当然感染は再拡大したのですが…、どうやら8月上旬にピークを迎え、現在は減少傾向にあるようです。

 PCR検査陽性者と、無症状などで検査をしていないが実は感染済みの人を合わせ、日本国民全体が集団免疫を獲得しつつあるのかもしれません。

 もちろん、再び感染が拡大する可能性も、変種のウイルスが発生してそれがまた感染拡大する可能性もあり、はっきりしたことは言えないのですが…。

 ただ、ウイルスや細菌は、感染する宿主がいないと自らの種を残せませんので、人類を滅ぼすようなことは元々ないのだと思います。

 実際、口の中や腸の中の細菌、神経節にひそむヘルペスウイルスなど、普段は悪さをせずに人体に存在している種もたくさんいるのです。

 そして新型コロナウイルスは、基本的には感染後もあまり強い症状を出さす、気づかぬうちに新たな人に感染を広めていく、という作戦を取っているようにも思えます。


 感染を防ぐ対策や医療はもちろん大切です。

 しかしもっとも重要なのは、細菌やウイルスの一方的な増殖を許さない元気な体なのだと僕は思います。

 食事、運動、睡眠といった基本的な健康管理を大切にし、新型コロナの増殖をみんなで防ぎましょう!

2020年8月4日火曜日

ウイスキー飲み比べ2『アーリータイムズ イエローラベル』

 ウイスキー飲み比べ第2弾です。

 今回は、これ。

「アーリータイムズ イエローラベル」の画像

「アーリータイムズ イエローラベル」です。

 有名ですね。先日、近所のスーパーで1200円程度で購入し、最近飲み始めました。700ミリリットルサイズです。

 ちなみにこれは、「バーボン」です。ウイスキーの中でも、原料に51%以上のトウモロコシを含み、定められた製法で作られたものがそう呼ばれるそうです。

 主にトウモロコシで作られたウイスキー、というイメージですね。


 さて、味ですが…、やはりおいしいです。

 コクがある感じがしました。

 前回の『バランタイン ファイネスト』と比べてどちらがおいしいかというと…、正直、判断できません。

 2種類を同時に飲めば味の違いも明確になり、どちらがおいしいか(どちらが好きか)を決められると思うのですが、そうではないので甲乙つけがたいです。

 また、ちょっと飲むと気持ちよく酔ってきて、味の違いや優劣などどうでもよくなってしまいます(笑)。

 うーん…、この企画、そういう意味では難しいのかなあ…。(やめるときは告知なしにやめるかもしれません)

2020年7月2日木曜日

「裸足健康法」を1年試してみた結果

 また新たな健康法を試してみました。

 それは、できるだけ裸足で過ごすことです。

 靴下や靴を履くと、足裏への刺激が減り、足の指が動かされなくなります。一方で裸足であれば、足裏は常に刺激され、自然と足の指も使うようになります。

 僕の場合は職場でも裸足で過ごせるので、靴を履いて外に出てるとき以外はすべて裸足でした。裸足でない時間は、平均して1日に1~2時間でしょうか。

 およそ1年前からそれを試してみて、現在に至ります。

 自分の感覚的にですが、足の指の動きが良くなったように思いますし、足全体が疲れにくくなったと思います。そういえば「ふくらはぎ」や「すね」には足の指を動かす筋肉が付着していますので、そういった筋肉もちゃんと伸び縮みするようになったのでしょう。

 問題は冬で、裸足だと寒いかなあと思っていたのですが…、

 見事に慣れました(笑)。

 裸足生活を続けているうちに、足に筋肉がついたり、血液循環が良くなったり、という効果もあったのかもしれません。

 この健康法は特にデメリットがありませんし、効果も感じていますので、今後も続けるつもりです。

 外反母趾などにも良いのではないでしょうか。

 人類の祖先が二足歩行を始めてから、そのほとんどの期間は裸足で過ごしていたそうです。

 僕らは靴下や靴を履くのが当然だと思っていますが、でも本当は裸足でいた方が自然であり、体には合っているのかもしれませんね。