2021年4月16日金曜日

新型コロナウイルス―ワクチン副反応と病床数

 新型コロナウイルスのワクチン接種が、日本でも始まりました。

 そして副反応のニュースが出ているようなので、ちょっと調べてみました。

 以下は厚生労働省のウェブサイトからです。

新型コロナワクチン接種後の健康状況調査』>『新型コロナワクチンの投与開始初期

の重点的調査(コホート調査) 健康観察日誌集計の中間報告(3) 4月9日』PDF


 特に2回目接種後は、頭痛、発熱、倦怠感などが起きることは珍しくないようです。

 僕の予想以上に高確率でした。

 また、2万例弱という全体数から見ればごく低い確率となりますが、その他副反応の疑いも報告されているようです。


 ただし、どんなワクチン接種でも、そもそもどんな医療行為でも、一定の割合で副反応というのはあるのだと思います。

 ですから、この新型コロナウイルスワクチンを接種することで得られるメリットと、副反応のリスクを比較して、マシな方を選ぶしかないのでしょう。

 騒ぎが始まってからもう1年以上過ぎましたが、現在(2021年4月15日でのデータ)、日本人約1億2600万人のうち、累計感染者は約51万6000人で、1000人に約4.1人です。

 死亡者は約9500人で、感染者100人中約1.8人。

 諸外国と比べると、感染者も死者も非常に少ない状況です。

 結局、年齢、基礎疾患の有無、職業など、それぞれの状況に合わせて受けるか受けないかを決めればよいのだと思います。


 ところで別に気になっていることがあるのですが…それは、病床数です。

 感染防止を重視すれば経済活動が停滞します。経済活動を重視すれば感染は拡大しやすくなります。それは当然なので、今までアクセル(Go toとか)とブレーキ(緊急事態宣言とか)を踏み変えながらやってきたと思うのですが、ブレーキを踏む基準の1つに、病床数があります。

 この病床数を増やすことで、ブレーキを踏む回数を減らせると思うのですが、個人的には全然増えないなあ、という印象を持っています。

 例えば新潟県は現在(2021年4月15日でのデータ)、人口約220万人に対し、医療機関の病床が555床で(他、宿泊料用施設が222室)、そのうち202床が利用されているようです。

 これが増やせればまた余裕ができると思うのですが…、なかなかそう簡単にはいかないのでしょうかねえ…^^;


→最新版新型コロナウイルスの危険性を判断するための情報

(ブラウザで閲覧できるGoogleスプレッドシートファイルです。小さな画面でご覧の場合は、横向きで表示させると見やすいと思います)

2021年3月19日金曜日

【2021.03.19版】過去最高の耳かき

 今回は、アクセス数が多く人気の『過去最高の耳かき』という投稿の、新版です。

 それを超える耳かき棒を発見しましたので、ご紹介しましょう。

画像1

 前回と同じ「グリーンベル」というメーカーの商品で、同じ『匠の技』というシリーズの、チタン製版です。

画像2

 前回の商品と同様に、お皿の部分が薄く、小さいのが特徴です。このシルエットが、「匠の技」のなせる業なのでしょう。

 しかし木製だった前回の商品は、棒の部分で折れてしまいました(2本入りで、2本とも)。ですから買い替えたのです。

 しかし、今回のは折れませんし、水洗いも可能です。

 若干前回のよりもお皿の薄さに劣る(つまり厚い)と思うのですが…、金属製で全体の強度が強いため、「テコの効きがよく、耳垢を取りやすい」ように感じています。

 よって総合評価として、前回のを上回ったと思っています。

 以上です。前回同様、どうでもよい話題だと思いますが…(笑)。




最新版新型コロナウイルスの危険性を判断するための情報
(ブラウザで閲覧できるGoogleスプレッドシートファイルです。小さな画面でご覧の場合は、横向きで表示させると見やすいと思います)

2021年2月7日日曜日

ウイスキー飲み比べ4『ティーチャーズ ハイランドクリーム』

 「ウイスキー飲み比べ」、第4弾です。

 今回は、『ティーチャーズ ハイランドクリーム』です。



 以下は、メーカーの製品紹介ページからの引用です。

ハイランドモルトであるアードモアモルトをキーに、多数のモルトウイスキーを使用。こだわり抜いたモルトウイスキーのブレンド比率を高めることにより、独特のさわやかなスモーキーフレーバーを持ち合わせたウイスキー。グレーンウイスキーは原料がトウモロコシのもの2タイプ、そして小麦1タイプの3種をブレンドに使用している。150年以上、ブレンドの技を伝承しつづけ、その香味づくりはブレンデッドスコッチの王道と呼べるものである。

色:美しい黄金の輝き
香り:スモーキー・熟したリンゴ・洋梨
味わい:甘い穀物様のコクとシルクのような優しい風味
余韻:豊かな風味の爽やかな余韻を残しゆっくりと去りゆく

 スコッチ(スコットランド産)で、ブレンデッドウイスキーとのことです。

 メーカーの紹介と一致しないかもしれませんが、個人的には、コクと微妙な甘さがあり、最後に苦みを感じました。

 そして、その苦みがとてもクセになるなる感じで、おいしかったです。

 過去飲み比べた中では、1番目か2番目においしいと思いました。

 よって、以下のような順位としました。 


*現時点でのおいしいウイスキーランキング(条件:ほとんどのスーパーで売っていて入手しやすい、700mlあたり1,000円前後の価格、モルトとグレーンだけで作られている)
  1. クルーニー、ティーチャーズ ハイランドクリーム
  2. バランタイン ファイネスト、アーリータイムズ イエローラベル


最新版新型コロナウイルスの危険性を判断するための情報
(ブラウザで閲覧できるGoogleスプレッドシートファイルです。小さな画面でご覧の場合は、横向きで表示させると見やすいと思います)

2021年1月6日水曜日

2021年、あけましておめでとうございます

 今年最初のブログ更新です。

 皆様、あけましておめでとうございます。

 本年もどうぞよろしくお願いいたします。


 今年の抱負は…、特にありません。しかしあえて言うならば―

 できることを確実にやる。

 何かを改善し、よりお客様のお役に立てるようにする。

―でしょうか。

 毎年そう書いているかもしれませんが(^^;)、そこはブレずにやっていきたいと思います。

 新しい年が、皆様にとって良い年となりますように。

 早くコロナ騒ぎが収まるとよいですね。


最新版新型コロナウイルスの危険性を判断するための情報
(ブラウザで閲覧できるGoogleスプレッドシートファイルです。小さな画面でご覧の場合は、横向きで表示させると見やすいと思います)

2020年12月30日水曜日

2020年最後―2つのお知らせとご挨拶

 お知らせ1

年内は12/31(木)午後1:00まで、新年は1/3(日)から営業いたします

(以前に『新年は1/5(火)から営業』と告知していましたが、変更しました)

(なお、1/4(月)は定休日です)


お知らせ2

新型コロナウイルスの危険性を判断するための情報』を作ってみました

(ブラウザで閲覧できるGoogleスプレッドシートファイルです。小さな画面でご覧の場合は、横向きで表示させると見やすいと思います)

 これから月に1回ぐらいの頻度で更新しようと考えています。

 人のいないところで一人暮らしをしているのでもない限り、新型コロナウイルスに感染する可能性や、人にうつす可能性をゼロにすることは不可能でしょう。

 ですから、どれくらい危険なのかを正確に捉えて生活していく必要があると思います。

 そんな判断の材料となるデータを、公的機関発表の一次情報からまとめてみました。


ご挨拶

 このブログの更新も、今年最後です。

 今年はコロナで大変な年になりましたが、人類はこれまで様々な危機を乗り越え、豊かな社会を築き上げてきました。ですから、この状態がずっと続くことはないでしょう。

 皆様にとって来年が、今年よりも良い年でありますように…。

 今年もお世話になりました。

 良いお年をお迎えください。