2019年5月7日火曜日

医学の勉強をすると得をする

 先日、たまたまテレビのクイズ番組を見ていました。

「小学生が習うことをタレントが答える」という主旨の番組だったのですが、その中で「5大栄養素とは何か?」という問題が出ていました。

 僕は医学の勉強をしてきたのでその答えを知っていましたが、これを知らない人もいるようです。

 ちなみに答えは、糖質、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル(無機質)です。なお、ミネラルと無機質は、呼び方が違うだけです。


 もしこれを知っている人は、栄養バランスの良い食生活を送りやすいでしょう。

 しかし知らない人は、そもそものバランスがわからないのですから、栄養の摂り方が乱れがちになるかもしれません。

 そしてこれだけではないのですが、日本人はもう少し、医学のことを勉強すれば「得をする」のになあと、僕は日々感じています。


 テレビ番組を見ていろいろな健康法を試してすぐにやめてしまう人や、過剰といえるほど薬を飲んでいる人がいるようです。

 あれがいいと言われてはそれを食べ、また別の食品を紹介されたらそちらに乗り換える、という人もいます。

 そして食事・栄養についてだけでなく、運動法や、怪我や病気への対処法も、「知らない」がゆえに過剰に不安になったり、見当外れのことをして、損をしてしまっている人もいるように思えます。

 また、心理的ストレスへの対処法も、同様ですね。


 健康管理は、人生において重要なことです。

 できるだけ健康で長生きしたいと思うのは、人間として当然のことでしょう。

 そして、医学などの学問はすべて、専門家だけのものでなく、あらゆる人々を幸せにするためにあると僕は考えています。

 医学について学べば学ぶほど、偏った情報に惑わされず、しっかりとした生活習慣を築くことができ、怪我や病気にも賢明な対処をしやすくなります。医療機関の利用法も上手になるでしょう。

 だから、生きていくための知恵の1つとして、みんなが医学を学ぶことは、その人自身の人生や社会全体を一層豊かにすると思うのです。

2019年4月25日木曜日

10連休も通常通り営業します!

 今年は、4月27日(土)から5月6日(月)までが10連休となるそうです。

 しかし『新潟市中央区オステオパシー(整体)』はその間も、定休の月曜日である4月29日と5月6日をのぞき、通常通り営業しています。

「こういう時じゃないと行けない」という方も、ぜひご連絡ください!

2019年4月2日火曜日

イチロー引退スペシャル

 イチロー選手が引退しました。

 そこで今回は、「イチロー引退スペシャル」です!


 まず、新潟市中央区オステオパシーを開業してから、イチローについて書いた記事をご紹介します。

 見つけ出したのは以下なのですが…、けっこう書いていますね、やはり。

今後のイチロー(2012.06.24)

イチロー移籍とアメリカ社会(2012.07.28)

イチローの美しさ(2014.04.16)

初動負荷トレーニング(2016.06.29)

イチローは腰が悪いのでは?(2016.10.20)


 さて、僕がここを開業したのが2011年なのですが、実はその年は、彼の連続200本安打記録が途絶えた年でした。

 メジャーリーグデビューした2001年から2010年の10年間、イチロー選手はシーズン200本安打を続けていたのです。

 そして日本では、1994年にシーズン210本のヒットを打って世に出てきて、それから2000年までの7年間、ずっと首位打者をとっていました。

 ですから、僕がここを開業する前の17年間が、彼の全盛期、いわば「最も活躍していた時期」なのです。

 その期間にも、たくさんの思い出があります。

 1994年のシーズン210本安打、「振り子打法」、オールスター戦で投手として登板、「初動負荷トレーニング」、1999年半ばに「打撃について決定的な技術を獲得し、もう後戻りすることはない」と本人が認識したこと、メジャーデビューしていきなり首位打者・盗塁王・MVP、「レーザービーム」、2004年のシーズン最多262安打の記録、2007年オールスター戦での史上初ランニングホームラン、「技術の獲得により、わざと自分にプレッシャーをかけて勝負をした」と本人がいう2007年、2006年と2009年のWBC制覇を牽引…

 本当に、マニアックなことも覚えていますね(笑)。


 最初に彼が世に出たときには、プロ野球選手とは思えない体の細さと、そしてそれでも最大限にそれを生かした、やわらかい動作とその美しさに驚きました。

 当時の僕は高校生でしたが、その後オステオパシーの道を歩むようになってからは、人体の専門家として、彼の肉体や動作に一層注目するようになりました。

 また、その言動から垣間見える、考え方、メンタル面にも感銘を受けました。

 選手時代の晩年は、「人としての成熟」を意識していたようです。

 やっぱり、「求道者」なのですね。


 僕は少年時代、原辰徳や落合の真似をしてバットを振っていましたが、いつのまにかそれはイチローの真似となっていました。

 イチローがプロデュースしたという「KING NICE」というお店が東京ドームの近くにあったのですが、そこでTシャツやナイロンジャンパーを買ったこともありました。

 ハワイで、当時イチローが在籍していたシアトルマリナーズのTシャツも買いました。

 シアトルマリナーズの珍しい「白い」キャップを見つけて、それも買いました。

 また、そのTシャツとキャップを着けてアメリカ本土に行ったこともあり、そこで現地の人に「オー、イチロー」みたいに声をかけらたこともありました。

 シアトルマリナーズに似た配色の携帯電話を見つけて、買い換えたこともありました。

 asicsのイチローモデルスニーカーというのも買いかけましたが、高かったし、さすがにそこまでしなくていいやと思ってやめたこともあります(笑)。

 インタビュー集など、イチロー関連書籍も何冊か買いました。


 あんな選手は、もうしばらく出てこないでしょう。

 僕は王貞治さんの現役時代を知りません。

 しかし、イチローの現役時代をすべて目撃することができました。
 
 それはとても幸せなことだったと思います。

 ありがとう、イチロー!

2019年3月5日火曜日

ブログの更新頻度を減らします

 今回は、お知らせです。

 当ブログの更新頻度を減らすことにしました。

 今後は月に1~2回の頻度で更新していこうと思います。

 姉妹ブログ(?)の『オステオパシー(整体)施術例ブログ』が月に1回の更新ですので、2つのブログを合わせて月に2~3回の更新にさせていただこうと思うのです。

 でも、今後ともよろしくお願いします!

 また、Twitterはほぼ毎日更新していますので、よろしければそちらもご覧ください!

2019年3月2日土曜日

オステオパシー理論の進化

 最近、気分が良いです。

 なぜかというと、「ある理論」を見つけたからです。

 オステオパシーの施術者にも、いろいろな考えを持つ人がいます。

 そしてオステオパシーだけでなく、整体でもカイロプラクティックでもマッサージでも、それぞれにいろいろな理論があります。

 また、それら手技療法だけでなく、一般的な現代西洋医学にも、定説となってはいない様々な理論があるものです。

 そして戦略として僕は、現代西洋医学の定説にベースを置きつつ、各手技療法のそれぞれの理論に含まれる、「共通点」を探すようにしてきました。

 オステオパシーに、そして手技療法全般に共通する原理を考えてきたのです

 ですがやはり、それらすべてを説明可能な理論というのは、なかなか見つからないものです。

 ところが最近、それが見つかったのです。

 こういう発見は、しばらくすると「やっぱり違ったな」と思うことがほとんどなのですが…、今回は違うと考えています。

 その理論は、これまでの経験や理論、現実の観察、そして基礎医学の研究を、見事に説明可能だからです。

 もちろんそれは「理論ができた」というだけなのですが…、しかしその理論にもとづいた施術をすることで、より皆さんに貢献できるのではないかと考えています。

 別に「魔法のテクニック」を手に入れたわけでも、「ゴッドハンド」になれるわけでもないのですが、でも、確実な進歩です。

 そのような理由で、最近気分がよいのです。

 ちょっと抽象的でよくわからないかもしれませんが、今回は僕の考えていることを書いてみました。