2017年2月22日水曜日

新潟の「おから」、すげえ!

 僕は神奈川県出身で、新潟に越してくるまで「おから」という食べ物に対して、地味で特別おいしくもない食べ物、という印象を持っていました。

 それが自分の家庭の文化なのか、地域の文化なのかはわかりません。

 しかし自分としてはとにかく、「おから」というのは「脇役」「何かに添えられて出てくるもの」であり、小鉢に少し盛られて出てくるものだ、という印象を持っていました。

 しかし…、新潟に来て、親族・知人たちに食べさせていただく「おから」は、そんな印象とはまるで違う、豪華で、ご飯のおかずとして「主役」となり得る料理だったのです。

おからの写真

 写真の「おから」は、ひき肉、しいたけ、ねぎ、ニンジンが入っています。他にも何か入っているかもしれません。また、しっかりと味付けもされており、大きめのスプーンでごそっと取って、ご飯にかけて食べると、とてもおいしいのです。

 家庭によって多少の違いはありますが、どの家庭でも、僕のそれまでの印象とはまるで違う、豪華なおからのようです。

 おからって、安上がりな料理のはずなのに、これだとけっこうお金かかりそう、などとも思います。

 新潟のおから、すげえ!

 ちなみに、新潟と比べると、神奈川や東京の料理は全般的に、具が少なめで、あっさりしている印象です。新潟は、いろんな具材が盛りだくさんです。

 もちろんそれは、家庭によっても違うとは思いますが。

0 件のコメント:

コメントを投稿