2015年1月27日火曜日

ポン酢がない

 最近、休日の夕食は僕が作ることが多いです。

 先週は、豚肉とニラで鍋を作りました。

 ダシも取っていない普通のお湯に、輪切りのショウガを入れて、そこに薄切りの豚肉とニラを入れて鍋にします。

 ゆであがったらそれをお皿に取り、大根おろしを乗せてポン酢をかけて食べる、という料理です。

(割合は、家族4人で、ショウガ1かけ、豚肉600グラム、ニラ3束でした。大根おろしは、大量にすりおろしておきます)

 豚肉、ニラ、ショウガの組み合わせは少々刺激的ですが、そこに大根おろしとポン酢をかけることにより、さっぱりと食べられます。

 手間もかかりません。大根おろしをすることが、主な作業になります。


 実はその1ヶ月ぐらい前に、同じ料理を作りました。

 我が家ではポン酢を使うことがないみたいで、この料理のために、ポン酢を買いました。

 その時に半分ぐらいポン酢が残ったのですが、先週この料理を作るときに、それを使おうと思っていました。

 ところが…、ポン酢がなかったのです。

 たしか、「室温でも平気だ」みたいな話をしながら、ある場所に置いておいた記憶がありました。

 しかしそこにはなく、台所のあらゆる場所を探しても、そのポン酢がありませんでした。

 娘に聞いても、同居している親族に聞いても、誰も知らず、探してもらっても、結局ありませんでした。

 しょうがないので、またポン酢を買いました。

 まあ、それで無事に料理は完成したのですが、ポン酢がどこに行ったのか、不思議でした。


 しかし、完成したその鍋を食べている時に、奥さんに聞いたら、行方が判明しました。

「ああ、あれ?お母さんにあげたよ」

 何でも、うちに寄った(僕から見て)義母が、ポン酢を買って帰ろうとしていて、うちにあるポン酢はもう使わないだろうと判断した奥さんが、あげてしまったそうなのです。

 それでも、前のものが義母のところに行っただけなので、新しいポン酢が無駄にはならなくてよかったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿